• home >
  • スポンサー広告 >
  • ミニチュア スノーグローブ(スノードーム)制作中 アジサイ +インコと三脚のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア スノーグローブ(スノードーム)制作中 アジサイ +インコと三脚のお話

メールフォームよりコメントを頂きました方へ
スノードームの件、完成形がないまま 失敗作と途中のものばかりですが・・・。
「スノードーム」という曲があること 知りませんでした。
とても綺麗な曲ですね。
制作の励みとなりますコメントをありがとうございました。

ミニチュア スノーグローブ(スノードーム)制作中。
こちらは直径約1.2cmのガラスドームに入る予定のアジサイ。
大きい花が0.2cm位でしょうか。
水に浸かるのでオーブン粘土です。(仕上げたら またまた防水加工)
先日発見した 焼き途中で取り出して細工していく方法で・・・。
ちょうど良いタイミングで取り出せると その硬さを維持できる利点も発見。
もたついても乾かないので ちょっと良いかもです。
粘土の種類によって割れにくいものもあるのでいろいろ試しています。
以前もお話しましたが 入口の口径が0.4cmなので
制作する際いろいろ考えなくてはならないことが。
こういう作業をしていたらボトルシップを思い出して・・・アレって凄くないですか!
中で帆を立てたり組み立てたり・・・。はぁぁー ←職人さんへの尊敬の溜息
1つ新しいことをしようとすると学ばなくてはならないことが増えますが
さらに新しく知りたいこと やってみたいことも増えます。
以前もお話したことがあるかもしれませんが。。。
ミニチュアを始めて もうずいぶん経ちます。
その間には仕事や日々に追われ
落ち着いたら 時間ができたらやろう・・・と思ったこともありました。
「今は制作する時間が無いからいつか時間が出来たらまた始めようと思う」
と ある人に話したら
「時間はあっという間に過ぎて いつか時間がきた時にと思ってたら
年をとって 身体や視力やいろんなものが無くなって 何より気力がなくなる。
気力があるなら 時間を作りなさい。好きならば続けることが大事」
と言われました。
人生を逆算すると ミニチュアを制作する時間は限られているんだなあと思います。
若くして亡くなった友人にも教えられました。
1302150004.jpg
あ、昨日の記事の答えは ミニチュアトリュフ2個のすぐ下にある子が粘土でした。
そしてこちらは本物の生チョコです。
湯煎で溶かしたチョコとチョコの量と同じか少し多い位の生クリームを温めてから混ぜ
(お好みでリキュールを)かなりゆるい状態でクッキングシートを敷いたバットに流し
凍らせてからカットし純ココアパウダーを振ります。
驚く程 口溶けの良い美味しい生チョコが簡単にできますよ^^(そのまま冷凍保存)
130214010.jpg
+インコと三脚のお話
インコのきいたん、水浴びをしたい日はケージから出てすぐにわかります。
私から離れず羽をぶるぶる。「お水」という言葉にさらにぶるぶる。
長年一緒にいると 言葉がなくてもわかることが沢山あります。
2羽が近寄ってこない理由は下の物体。
130215001.jpg
カメラの三脚なのですが これが怖いの。がおー。
130215002.jpg130215003.jpg
自由に曲げられるので便利です。
手ブレ防止の為なのに
気づくとこの三脚ごと握ってふるふるしながら撮影していますよ。

テーマ:★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ぱりぱり

Author:ぱりぱり
ドールハウス・ミニチュア制作をしています
shibazukeparipariのミニチュア
ホームページは こちらからどうぞ

最近の記事

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。