• home >
  • スポンサー広告 >
  • ミニチュア 1/6 桜 制作中 いちご大福 桜スプーン +インコのお話 巣上げ2←前記事のつづきです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア 1/6 桜 制作中 いちご大福 桜スプーン +インコのお話 巣上げ2←前記事のつづきです

ミニチュア 1/6 桜 制作中。
いちご大福をようやく仕上げました。
そして作り直そうと思ってすっかり忘れていた 桜スプーンを作りました。
スプーンの柄(え)が花びらの形になっています^^
140331011.jpg140331014.jpg
140331017.jpg140331020.jpg140331021.jpg


+インコのお話 巣上げ2
前記事のつづきです。
手乗りには なって欲しいけれど
きいたんとめだかちゃんの大切なヒナを離すことが
とてもかわいそうだったので マニュアル的にはあり得ないのでしょうが
私がヒナを手に乗せてさし餌をし ”もうおなかいっぱい”となった所で
親鳥を放鳥してみました。

ちゃんと親鳥から離さないとヒトに懐かなくて
手乗りにならないかもしれないけれど それならそれでもいいや、と。
これまではエサ換えなどでヒナの近くに手をやることも親鳥たちが怒っていたので
私の手のひらに乗せている状態を見たら攻撃するだろうか?
ちょっと心配でしたが・・・。

親鳥たちはカゴから一目散にヒナの所に飛んできて餌を吐き戻し与え始めました。
私のさし餌は ”もうおなかいっぱい”ってなっていたのに
ヒナが勢いよく鳴いて食べ始めました。
私の手のひらで親鳥からの餌を美味しそうに食べるヒナ。
さし餌とはぜんぜん違ってこんな嬉しそうに食べるんだ。涙
そして愛おしそうに毛づくろいをしてあげてこぼれたエサも綺麗にして。涙。
そしてそして ヒナがお腹いっぱいになったら きいたんが自分でケージに戻り
めだかちゃんも入ってゆきました。涙。涙。
その日から まずは親鳥たちに声を掛けて←許しをもらってね
私が先にヒナを手のひらに乗せて さし餌をした後 
親鳥たちに追加の美味しい餌をもらって←ヒナの待ってました感がスゴイ(;0:)
私が下手で顔に沢山こぼしてしまった餌もきれいに毛づくろいしてもらって。
それらが済むと・・・
親鳥たちは遊ばず自分たちでケージに戻って←ここがスゴイ(;0:)
(産卵前は放鳥すると遊んで満足したら自分で入っていました)
私はその後ヒナをなでなでしたりしてから寝かせるという
皆が幸せな協力型に。
こんな方法でも ヒナは無事手乗りになるでしょうか?
今の所は ヒナを少し離して床に置いても私の元へ
よちよち歩いてくっついてきます。
 

ちなみにマニュアル的には 一度離したヒナを戻しても子育てを放棄する。
一部には再び育ててくれる鳥もいる。
親から餌をもらっていると ヒトには馴れず手乗りにならない。

そんな感じらしいので この協力型は どうなりますかね。
また ご報告しますね^^

テーマ:★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ぱりぱり

Author:ぱりぱり
ドールハウス・ミニチュア制作をしています
shibazukeparipariのミニチュア
ホームページは こちらからどうぞ

最近の記事

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。