スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精密デジタルスケールのお話

前記事の精密デジタルスケールについてお問い合わせがありました。
レジンやシリコンなどを計量するためにずいぶん前に購入しました。
レジンは主剤と硬化剤を混ぜ合わせる対比がありますが
粘度が違うのでいつも困っていて・・・。
「タラ~っ」「 ポタポタポタ」あっ・・・ちょっと多かったかも・・・
じゃあ「タラ」・・・固まらないと心配だから硬化剤をもうちょっと・・・
という感じで使用する為硬化剤ばかりが先に無くなる。
それを防ぐべく用意したスケール。
・・・な、はずなのですが長年目分量でやってきた癖でスケールの上でも
もうちょっと余分に・・ってやってしまうのですよ。オイっ(←スケールの声)
ラーメンやジュースなど液体を表現するのにレジンを使用してみたいと思うけれど
やっぱりこういう精密スケールがないとダメなのかな・・・
と案じておられる方がいらっしゃいましたらご安心?下さいね。
私もミニチュアを始めた頃 液体の表現に憧れましたが
レジンの説明を読んだらなんだか難しそうで有毒という部分も手伝って
未開封のまま暫く熟成させておりました。
その間も液体への憧れが止まらず ねんどニスなるものを液体の代わりに投入し
大量のあぶくが発生したり ドロドロと固まらなかったり。
今ではレジンも無事使えるようになって・・・いい加減な計量ですが・・涙。
インコもいますし作業の際は換気に気をつけています^^

テーマ:★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

ぱりぱり

Author:ぱりぱり
ドールハウス・ミニチュア制作をしています
shibazukeparipariのミニチュア
ホームページは こちらからどうぞ

最近の記事

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。